理論派ヘアメイク

クリエイターを応援、サポートする
フリーランスサポーター、Free’s netです。

今回は

“ヘアメイクになりたいけど、自分は向いてないんじゃないか”

と思っている方の中に、もしかしたら、本当は向いている方もいるかもしれないよ、という話です。

●“ヘアメイクさん”のイメージは?

あなたは“ヘアメイク”もしくは“メイクアップアーティスト”などと聞くと、どんな職業だと思いますか?

もしかしたら、芸能界や結婚式など、華やかな場で働いていることを、イメージする方が多いのかもしれません。

また、“流行に敏感でおしゃれ”、“美意識が高い”などと、思われがちです。

では、そんな仕事に就いているのは、そして続けていけるのは、どんな人だと思われるでしょう?

自分のヘアメイクもばっちり決まってる、明るく外交的なオシャレ女子?

ならば、例えばいわゆる“陰キャ”の人は、ヘアメイクさんに向かないのでしょうか?

●答は多分、NO

多くの場合、接客が伴い、撮影やイベントに向けて、気持ちを盛り上げる意味で、社交性や明るさ、元気さを求められらることはあると思います。

そういう意味では、“陽キャ”向けの職業かもしれません。

しかし、接客に必要な笑顔もトークも、経験で身につきます。

逆に、自分のヘアメイクが上手なオシャレ女子=幅広いお客様のヘアメイクも上手なのでしょうか?

これも多分、答はNOです。

●プロの全ての技術には裏付けがある

セルフヘアメイクなら、“何となく可愛い”という感覚だけでも、上手くなれます。

でも、それだけでは年齢も、顔立ちも、肌質も違う数多くの方に満足いただける技術は提供できません。

  • 何故そのラインを引くのか
  • 何故その色なのか
  • 何故そのスタイリング剤を使うのか

セオリーでもマニュアルでもルーティンでもなく、一つ一つに理由があり、求められれば確実に説明できるのが、プロの技術だと思います。

そのためには、感覚で捉える“キレイ”や“カワイイ”を、分析し言語化する能力が必要です。

美容系の仕事は感覚優先に見えるかもしれませんが、案外理論派向けの仕事なのです。

●男子もwelcome!

講師時代、クラスに男子は一人二人ということが多かったですが、有名ヘアメイクさんにも男性はたくさんいます。

昔は“男性ヘアメイク”というと、トランスジェンダーだと思われることが多かったかもしれませんが、今は違います。

むしろ、女子よりも客観的、理論的に“キレイ”“カワイイ”を作れるのかもしれません。

また、メンズメイクの需要も増えていくと思われるので、自分の顔で実験するなど、今まで女性アーティストの特権だったことが、男性アーティストもできるようになります。

事務所のBOSSや師匠、講師時代の同僚などの男性アーティストを見て思うのは、突き詰めて考えるタイプ、研究好きなタイプが多いということ。

流行の変化により、どんどん新しい情報やスキルを取り入れないといけないのも、常に新しい目標、ターゲットがあると考えると、案外“男性脳”向けの職業かもしれませんね。

感覚としての“センス”に自信がないから、ヘアメイクに向いてない、と考えている方がもしいたら、「必ずしも“向いてない”とは言えないよ」とお伝えしたいと思います。

どのブラシを選ぶかにも、意味がある

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください