お仕事情報の活用法

お仕事依頼フォームを開いていただくと、色々細かい項目もあり、しかも必須になっているので、「面倒だなぁ」とか「こんなに手の内を明かせないよ」と思われるかな、と心配しています。

ただ、項目を設定する際、

☆仕事を受けるかどうか、判断できる材料が揃っているか

☆人を紹介するときに、どんな情報を伝えたいか

☆実際現場入りするときに困ることはないか

☆業務後、請求書の発行や入金管理に必要な項目は何か

などを考えていると、現状のフォームになりました。

逆に「もっとこんな項目も欲しい」など、ご要望がありましたら、リクエストをいただけると嬉しいです。

 

以上は実際に、仕事を請ける(請けた)ときに確認することですが、このお仕事情報を会員制などの限定公開にせず、しかもHOME設定をしているのには、もうひとつ理由があります。

自分(自社)の現状確認です。

今は仕事、人材を探しているわけではない方も、「他のヘアメイクさんがどんな条件で受注しているのか」「他社はどういう条件で依頼を出しているのか」をぜひ、ご覧頂きたいと思っています。

 

例えば、着付師さんなどはお着付けを習っていた先生のチームに入り、仕事を回してもらう、ということが多いように思います。

そうすると、その先生が提示する条件が基準になるでしょう。

マージンをすごく取られていても、疑問の持ちようもないかもしれません。

逆に先生とクライアントとの信頼関係が強固で、破格の好条件で受注し、自分のギャラ設定なども好条件が反映されているかもしれません。

もし、その条件を根拠に「独立してやっていけそう」と甘い見通しを立ててしまっては、危険ですよね。

 

また、事務所の方なら、例えば他の事務所が提示しているギャラ設定が高い場合、

☆経費の無駄を削減して、人件費(業務委託費)に回せないか、や

☆クライアントの支払い条件を見直してもらえないか、や

☆ギャラを上げるのは難しいから、無料講習など、別の面で条件を良くできないか、

など、自社の現状を振り返り、改善のきっかけにして頂きたいのです。

日々の業務に追われていたりすると、どうしても後回しになるのが“改善”や“チャレンジ”で、現状維持をしていたはずが実は、周囲の現状からはかけ離れていた、なんてことも起き得ますから。

 

細かい条件は本人にのみ伝える、という方針の事務所様もあるでしょうが、業界を良くするためだと思って、ご協力くださいませ。

 

勿論、これからヘアメイク、フリーランスになりたい方や、ご自宅にヘアメイクさんを呼びたい個人の方、普段はヘアメイクなしで撮影しているカメラマンさん、など、相場が知りたい方もご参考になさってください。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください